三菱商事など30社、海底の金属資源調査 商業採掘めざす

みなさん、こんばんは。Adeyaccoでございます。しばらくご無沙汰してしまいましたね。忙しさも落ち着いてきたので、スローペースですが、ブログ更新を再開いたします。よろしくですm(__)m

で、こんな記事を見つけました。

 日本近海に眠る金属資源を商業採掘するため、三菱商事や住友商事など民間30社が共同で、海底熱水鉱床の調査研究に乗り出す。年内をめどに必要な技術や投資額を盛り込んだ計画を作る。数年後には伊豆・小笠原諸島などで試験掘削を始める予定だ。様々な金属資源が高騰するなか、これまで手つかずだった海底熱水鉱床の調査研究が世界的にも盛んになっている。・・・
続きを読む
2008/08/28 16:00 NIKKEI NET

ウォー!!日本版"ゴールドラッシュ"かぁー!?

いやいや、そんなにうまくいかないって。大体日本で金属資源が埋蔵されているとしたら、徳川幕府の埋蔵金くらいのもんでしょ。日本近海?ありえないんじゃない?もっとも金属資源が見つかれば、儲けもんだけどね。

ご存知のとおり日本は、「資源」と名のつくものは非常に少ない国です。金、白金、アルミニウムなど貴金属を始め、銅や鉛、亜鉛、ニッケルなど金属資源はほとんど輸入に頼っていますね。ついでに言うと、石油や天然ガスなどのエネルギー資源も輸入中心ですね。

そんな日本で金属資源の鉱脈が見つかれば、そりゃあ、すごいことですよ。

一応「金属資源の掘削」となっているけど、もしかしたら石油が見つかるかも・・・。ガソリン価格の高騰に歯止めがかかるかもしれないね。"オイルダラー"ならぬ"オイル円"?ただでさえ貿易黒字なのに、さらに黒字?あ、でも石油なら歓迎されるかな。

まあ、まだ先の話し出し、見つかるかどうかも定かではないわけだからね。あまりはしゃぐのは控えておこう。



オイラも発掘してみようかな!



Adeyaccoでした。


※この記事がおもしろかったかも」「役に立ったかも」と思われた方は、お手数ですがポチっ!としていただくと、大変喜びます。


応援、よろしくお願いします!