<1万本のバラ>ちょっぴりゼイタクなお姫さま気分ドレス―北京市

みなさん、おはようございます。Adeyaccoでございます。

1万本のバラの花を~♪あ、百万本でしたね。歌っている場合ではない。なんとも贅沢な話。ちょっと見とれちゃいましたが(^^ゞ

2009年3月1日、北京市の生花市場でバラの花をふんだんに用いた贅沢な衣裳が制作され、そのお披露目会が開かれた。チャイナフォトプレスの報道。
続きを読む
出所:livedoorニュース

生花ということは、当然長くは置いておけませんね。おそらく1回きりでしょう。それがまた贅沢を演出しているのかもしれません。結婚式の披露宴なんかには、華やかでいいかもです。


「花」って、女性にとっては特別なものらしいです。花を贈られて迷惑に思う女性はいないと、以前聞いたことがあります。女心ってそんなもんなんでしょうかねぇ。(そんなもんとか言って、ゴメンナサイ)

男性の場合(オイラの場合?)、花束なんかもらった日には、どうやって持って帰ろうか、思案してしまいます。電車の中で花束抱えたヒゲ面のオヤジって、どうなの?画にならねー。

日本では母の日にカーネーション(フラワーギフト)を送るのが一般的ですが、やっぱり素直に喜んでもらえるようです。オイラはスイーツとかもらったほうがうれしいんですが。花より団子(^^ゞ


まあ、女性にとって花を身に纏うっていうのは、さぞかし気持ちいいんでしょうね。あまりその気持ち、分からないです(汗)

でも、やっぱりキレイですよね。「そこまでしなくても・・・」なんて思いもありますが、一生に一度のシチュエーションではいいんじゃないでしょうか?思い出に残りますからね。

それにしても、花って見てると気分が落ち着きます。あ、真っ赤なバラだとコウフンするけど(爆)


でもね、忘れちゃいけません。「美しいバラには棘がある」です。女ってコワ~イ、かも(;´д`)


Adeyaccoでした。


Technorati :

いつも応援、ありがとうございます!
みなさんの応援に、感謝(^o^)/
おかげさまでランキングも順調にアップしております。


2 Comments:

しんくん2:50 さんのコメント...

真っ赤なバラのドレスすごいですね!
きれいというかゴ-ジャスでインパクトあります。
個人的には白の方がいいかな^^

たしかに女の人で花贈られていやがる人はあまりいないでしょうね。
喜ぶ人の方が多いのでは?
でも中には「ちっ!花かよ!なんかブランド物くれよ」なんて思っちゃう人もいるでしょうね。
女の人はなかなか難しいね><

Adeyacco さんのコメント...

しんくん2:50さん、こんばんは(^o^)/
ちょっと圧倒されちゃいますよね、男は。
でも女性はうれしいんでしょうね。

> でも中には「ちっ!花かよ!なんかブランド物くれよ」なんて思っちゃう人もいるでしょうね。

いますよねぇ。「花より団子」女子(爆)
少しは夢見ろよって感じですが(^^ゞ