宇宙空間での人工衛星衝突、新たな政治的リスクに

みなさん、こんにちは。Adeyaccoでございます。本日のニュースは海外から。というか、「宇宙」からです。

宇宙空間での通信衛星衝突。なんか想像できないなぁ。こんなこともあるんですね。

 [ロンドン 12日 ロイター] 米国とロシアの通信衛星がシベリア上空の宇宙空間で衝突したのを受け、専門家の間では、今後はこうした事故がさらに増加し、地政学的問題を招く可能性があると指摘する声が出ている。
続きを読む
出所:Yahooニュース/ロイター

地政学的問題に発展、と言っていますが、これもひとつの環境問題なのかなぁと漠然と考えています。われわれ人間は、文明の進歩とともに地球温暖化を招き、自ら地球を破壊しようとしています。今度は宇宙までも破壊してしまうのでしょうか?

あぁ。ちょっと大げさな表現かもしれないですけど。宇宙空間にとって、よくないことをしているのは事実ですね。


文明が進歩するってことは、決して否定しません。進歩があったから今があるわけで。むしろ歓迎されるべきことですよね?問題は、その「副産物」と言いますか。進歩のために犠牲にしたものが、あまりに大き過ぎると言うこと。

地球温暖化の問題も、もっと早くに気がついて策を講じていれば、これほど大きな問題にはならなかったかもしれません。もっと早くに温暖化の問題が指摘されていれば、などと今更言っても仕方ないことだと思いますが。

今回の通信衛星衝突問題も、ここで何か対策を講じ、世界が一方向を向くならば、それなりの解決策も出てくるように思います。政治的問題(これも外交的問題か?)が絡んでくるでしょうから、簡単にはいかないんでしょうけどね。


しかしねぇ。街頭のゴミ拾いと違って、ボランティアで宇宙ごみを拾いにいくわけにもいかず・・・。なんとかならないものでしょうか?「高速の散弾銃」とは、いくら自分にぶつかる可能性がないとは言っても、怖い話ですよね。

無重力状態で永遠に飛び続ける破片、そのうち太陽系を飛び出して銀河系をも飛び越えて、どこか遠くの惑星に到達。もしそこに、人間のような(以上の?)文明を持つ生物がいたら・・・?

「地政学的問題」も地球のみならず、もっと大きな問題となってしまうかも。

おっと、とてつもなく飛躍してしまいましたね。何億光年も先の話でしょう。


これからの環境問題は、「宇宙ごみ」問題も考えなければいけないんでしょうか?


Adeyaccoでした。


Technorati :

いつも応援、ありがとうございます!
みなさんの応援に、感謝(^o^)/
おかげさまでランキングも順調にアップしております。