サミット首脳宣言、温室ガス半減目標「世界で共有」

みなさん、こんばんは。Adeyaccoでございます。ちょっとご無沙汰しておりました。

ひと足早く夏休み、ってことで5日間ほど沖縄へ行っておりました。もちろん、ダイビング(^_-)-☆

 北海道洞爺湖サミット(主要国首脳会議)は2日目の8日、環境・気候変動、世界経済問題などについて主要8か国(G8)首脳が協議し、各分野に関する首脳宣言を発表した。・・・
続きを読む
2008年7月8日23時04分 読売新聞

洞爺湖サミット中ですねぇ。環境問題地球温暖化防止策について、世界の首脳陣が話し合うって、大切なことだと思います。しっかり話し合って、是非とも温暖化防止を実現させてもらいたいものですね。

当然オイラも、地球に優しく、環境に配慮して生活していこうと思っています。個人でできるエコ活動、無理のない範囲で実践しているわけですが。

しかし最近、ちょっと思うんです。こんなに毎日「エコ、エコ」と叫んでいて、いずれ息切れしないかなって。心配です。


エコ活動って思いのほか、大変です。「できることからはじめよう。」なんてキャッチコピーを聞いたように思いますが、できることはいくらでもある。どれも簡単なことで誰にでもできることばかりです。

でもできることがありすぎて、気がつくとエコ活動をするために生活してるのかーって思うようなときがあります。ちょっぴり煩わしくなってきたっていうのかな?別にエコ活動に反対しているわけでもないし、イヤなわけでもない。でもここまで目くじら立ててエコ活動しなくてもいいんじゃない?みたいな。

エコ活動のために体力使ってお金使って、それがこくもんの義務のように扱われることに、オイラは多少なりとも抵抗を覚えます。



「地球は大切」と思う気持ちがあるから、自然とその地球を守ろうとするんだよね。本来エコ活動は、誰かに強制されるものじゃなく、自然と行う行為なのではないか。



※この記事がおもしろかったかも」「役に立ったかも」と思われた方は、お手数ですがポチっ!としていただくと、大変喜びます。

応援、よろしくお願いします!