米クライスラーと伊フィアットが提携へ

みなさん、こんにちは。Adeyaccoでございます。

緊急融資を受けて急場を凌いだアメリカビッグ3。その一角、クライスラーがイタリア最大の自動車メーカー"フィアット"と提携することになりました。

 経営危機に陥るアメリカのクライスラーと、イタリア最大の自動車メーカー、フィアットが資本・業務の両面で提携することが決まりました。
 これはクライスラー、フィアットの両社が20日に明らかにしたものです。
続きを読む
出所:Yahoo!ニュース

資本提携、業務提携ともに行うとのことですが、実質「0ドル」で買い取られたように見える。

フィアットから低燃費や小型車生産の技術を得て経営再建を目指すというクライスラー。「え、今ごろ?」みたいな感覚ですね。

アメ車というと「とにかくデカイ」「燃費が悪い」「(日本車と比べて)性能が悪い」などなどイメージをもたれる方も多いのではないでしょうか?かく言うオイラも、「ゆったりしててハイウェイを走るにはいいけどなぁ。ちょっとコンビにまでってのは、どうよ?」なんて思ってます。

アメリカという国柄に「低燃費」「小型車」ってのは馴染まないんですかねぇ。それとも「節約・倹約」という言葉は、アメリカの辞書にはない?!

クライスラーがどこまで再建できるか見ものですね。


Adeyaccoでした。


Technorati :

※この記事がおもしろかったかも」「役に立ったかも」と思われた方は、お手数ですがポチっ!としていただけると、励みにもなり大変喜んだりします(^^ゞ

応援、よろしくお願いします!