消費税増税は秋以降判断 首相、非正規雇用者対策も

みなさん、おはようございます。Adeyaccoでございます。はっきり言って、消費税増税、反対です!困るぅ~っ

なんてこと言っている場合ではない。

 福田康夫首相は19日夜、消費税増税の是非について、政府の社会保障国民会議が今秋まとめる最終報告を踏まえ、政治判断する考えを示した。・・・
続きを読む
2008/06/19 22:18 共同通信

なんか福田君、うまいこと言い逃れしようとしている感じ。何か対策を採らなけりゃ、社会保障費財源は勝手に増えてはくれないんだよ。正直に言っちゃいなよ。「消費税の増税しかありませんっ!」て。みんなで反対するから。


とはいっても限度ある増税なら、仕方ないかな?確かに日本の消費税率(海外では付加価値税などと言うことも)は低い。先進国の中では、ダントツに低かったんじゃなかったっけ?何でも海外に右へ倣え(特に米国に)の日本としては、珍しいように思う。当時の竹下君も、相当苦労してたしね。

先進国並みに揃えろってんじゃ、ありません。社会保障費も、国としては必要な経費。それをどう賄っていくかは、確かに政治が決めるところだ。それが消費税しかないというなら仕方ないと思う。しかし、いきなり消費税というのはどうだろうか?(確か小沢君もそんなこと、言ってたようだけど)

タバコが1,000円になるってのが現実味を帯びてきたようだけど、この増税分は、どこへ言っちゃうの?愛煙家のオイラは、タバコでも納税して、その上消費税でも納税して。さぞかしたっぷりと老後の年金を支給してくれんだろうね?!期待しちゃうよ?


どうせ政府の考えること、得意の「予備費」でも増やそうって腹なんじゃないの?年度末の予算消化無意味道路工事、ますます増えそうですね!



道路ばっか整備したって、車乗らねぇよ!!ってか、乗れねぇよっ!!ガソリン代、高いんだもん。



※この記事がおもしろかったかも」「役に立ったかも」と思われた方は、お手数ですがポチっ!としていただくと、大変喜びます。

応援、よろしくお願いします!