通貨取引税など国際連帯税の導入、検討の価値あり=ADB総裁

みなさん、おはようございます。Adeyaccoです。ちょっとご無沙汰してしまいました。

なんだかこんなことで税金払いたくないって思うのは、オイラだけでしょうか?

 [東京 29日 ロイター] アジア開発銀行(ADB)の黒田東彦総裁は29日、都内で行われた地球環境国際議員連盟(GLOBE)議員会合で講演し、外国為替取引に課税する通貨取引税など国際連帯税の導入について、検討する価値があると述べた。・・・
続きを読む
2008年 06月 29日 15:00 JST Reuters

これはなに?個人に対してもかかるものなの?以前株式売買に存在していた「有価証券取引税」みたいなもの?だとしたら、なんで為替取引で逆行するような現象が起きるのか?「国際連帯税」?金融取引の自由化に規制をかけることになるのではないだろうか?

あの手この手で税収を増やそうとしているんだね。政府のお財布事情が苦しいのは分かるけど、為替取引の所得税って、結構高いんだよ。さらに税金取られるわけだ。手軽にできる投資ではなくなってしまうかもしれませんね。



FXをやっているオイラとしては、こんな税金、反対したいですね。



※この記事がおもしろかったかも」「役に立ったかも」と思われた方は、お手数ですがポチっ!としていただくと、大変喜びます。

応援、よろしくお願いします!